マンションの維持保全に向けて
健全な維持保全とマンションコミュニティの育成を目指して


■はじめに
分譲マンションの場合、区分された建物を共有して所有し、区分所有者 全員が共通の財産として建物を守ってゆかねばなりません。
昨今のマンションの状況は、居住者の永住意向が高くなって高齢化が進展し、施設整備 のほか緊急時の対応や管理運営の担い手不足など、住み手そのものの深刻な問題も解決してゆかねば ならない時代になりました。
私は、一般の居住者の皆様や管理会社の皆様とも真に協調し合い、因果関係の深い分譲 マンションの今後の課題として、
マンションコミュニティの育成
●長寿社会に対応したマンションラ イフ
●適正な維持保全の指導

の三つの課題を適正に解決してゆくことによって、快適なマンション環 境が実現されるものと考えています。

■マンションメンテナンスの基本理念
●総合的な問題を視野に入れた解決策の提案を致します。
●管理組合や居住者の皆様の立場に立って、補佐します。
●管理会社や施工会社と第三者的立場で適正な評価や誘導アドバイスを致します。
●管理会社や管理組合の意見を尊重し、協調性を持った調整関与を致します。
●できるだけ分かりやすく、きめ細かな対応を心掛けます。

■維持保全の考え方
●長期的な展望に立った合理的な日常の維持保全を正しく施す。
●正しい維持保全のための適正な修繕仕様の設定。
●居住者意向を反映し、維持保全の基本方針に基づいた将来像の実現。
●バリアフリー化を目指す。
●専有部分と共用部分の一体的な保全。
●継続的な関与・コンサルティング・適正な誘導