調査・診断の内容


■調査・診断の目的は、建物の劣化状況を把握して、大規模修繕工事や長期修繕 計画の策定(見直し)など、合理的に立案するための基礎資料となるものです。
■経過年数の浅い建物の場合、瑕疵問題としても評価するものです。


建物調査・診断

○屋上(屋根)防水の劣化状況
○外壁等(表層仕上げ・躯体)の劣化・ひび割れの状況
○廊下・階段の床等の劣化状況
○窓サッシ廻りの消耗状況
○鉄製・アルミ製等金属部の発錆状況
○外構施設等の劣化状況

構造耐震調査
・診断

○耐震予備調査
○一次診断
○二次診断
○精密診断

設備調査・診断

○給排水系の配管および機器の劣化状況
○給水施設の状況
○通信回線・テレビ受信の状況
○電気容量・幹線の状況
○警備保安・防災などの状況

専有部分の
調査・診断

○玄関鍵前の状況
○居室等の内装・カビ発生状況
○浴室防水の状況
○台所・洗面所・便所・浴室などの排水状況
○給湯ガス機器や換気設備の状況
○電気契約容量の状況
○隣戸・上下階からの騒音・漏水状況

その他の調査
・診断

○マンションコミュニティの状況
○管理・運営状況
○規約等の内容評価
○居住者意識・意向の傾向・将来推計
○バリアフリーの状況